sound room

わたしのお店の音

The sound for my shop.

sound room ver.2
Kohei Matsunaga「Panorama walking with The birds and The water decolative sound landscape」




イギリスを代表する電子音楽デュオ、オウテカのショーン・ブース、フィンランドの電子音楽家 ミカ・ヴァイニオ、ヨーゼフ・ボ イスにも師事していたドイツの電子音楽家 コンラッド・シュニッツラー等とのコラボレーションをはじめ坂本龍一との共作でも 知られるカースティン・ニコライ主催のレーベルからNHK 名義での作品発表の他、NHK yx koyxen 名義でのリズミックな楽曲 発表など、常に自身の新たな感情や感覚を見つける事に大きな価値を置き制作を続け、出身地である大阪とベルリン、2 つの拠点 を往き来しながらテクノ、インダストリアル、エレクトロ・ポップ、ノイズ、ヒップホップ等をジャンルレスに横断し、エクスペ リメンタルな独自のサウンドを構築し続けている- 今作は、旧知の仲である tamaki niime の shop & lab がある「日本のへそ」ま で彼が赴き、そこで受けたインスピレーションを基に制作したサウンド・コラージュと呼べる様な作品。
鳥のさえずりと絶え間なく流れる水音と水滴の音、更には機を織る音の反復に、様々な表情を見せる電子音がフェイドインしては 重なり合ってゆく。
Shop & Lab を取り巻く自然界のリズム、力織機が奏でるどこか懐かしい機械音とエレクトロニックな音像の融合は、kohei matsunaga の新たな境地を感じさせる。

Kohei Matsunaga also know as NHK has his base in his birth place Osaka, Japan and Berlin collaborating with Sean Booth from Autechre, Mika Vainio of Pan Sonic, and Conrad Schnitzler who is the student of Joseph Beuys.
He recorded for label like raster-media by Carsten Nicolai who worked with Ryuichi Sakamoto in the movie “THE REVENANT” with his principle; finding his new emotions and feelings.
This album is based on inspirations he got when he had been visited tamaki niime’s place in Nishiwaki, Japan which they have their own farm, laboratory, factory, shop, and record label called “sound room”.
This is his whole new stage of sound collage which is made by 3 elements. His electronic sound; sounds of water, twitter, and looms all from “tamaki niime” place and its surroundings.

Kohei Matsunaga「Panorama walking with The birds and The water decolative sound landscape」

1.「Panorama walking with The birds and The water decolative sound landscape」

2019年4月1日発売

CD1枚 価格:2,800円(税込)

2019年5月1日 配信開始

ご視聴はこちらから

sound room ver.1
haruka nakamura 『そのあくる日』




2016年、 haruka nakamura が西脇にやってきた。
tamaki niime のものづくりに関わる人たち、土地の空気、オープン前の新拠点を見て、1人1人のいろいろな想いへ優しい祈りを届けるかのように作られた全13曲。
2016年9月の店舗移転に伴い、先行して提供してくれた「永遠の祈り」「そのあくる日」は、店内で耳にされた方も多いはず。 tamaki niime のために新たに生まれ変わった代表曲「光」に加え、彼の新たな魅力が随所に見受けられる新曲で構成されたアルバム。「個人的にもとても好きなアルバムになりました」と話す haruka nakamura 。
ベルリンを拠点に活躍するサウンド・アーティストでマスタリングエンジニアとしても名高い Rashad Becker によって、 haruka nakamura の優しく繊細な創音がより輝きを増し心地よく洗練されたアルバムに仕上がっている。

haruka nakamura came to Nishiwaki in 2016.
He felt the people who have took part in tamaki niime, the climate and the new place where before opening. And it's made 13 music that is like send a tender prayer to feeling of each person.
You already listened 「永遠の祈り -eien no inori-」and「そのあくる日 -sono akuruhi-」in the Shop that He presented when tamaki niime was moved to the new place in September, 2016. The representative music 「光 -hikari-」that is new reborn for tamaki niime and more his new fascination you can see in this album. haruka nakamura said that one of his favorite album.
It's finished a pleasant and sophisticated music with his exquisite sound creation by Rashad Becker who is the sound artist and well-known as a mastering engineer in Belrin.

haruka nakamura『そのあくる日』

1.「永遠の祈り」
2.「ギター」
3.「聖歌」
4.「ピアノ」
5.「風」
6.「森の声」
7.「浅い眠り」
8.「子供達の声がする」
9.「うたかたの星」
10.「新しい光」
11.「祈り」
12.「そのあくる日」
13.「海へ」

2017年9月16日発売

CD1枚 価格:2,800円(税込)

特定商取引法に基づく表記